エンタメ

開会式の ピクトグラム はどうやって会議を通したのか?

「開会式の種目紹介のブロックあるじゃん?あれ、 ピクトグラム をモチーフに人で表現出来ないかな?」

「…はっ?ピクトグラムをモチーフ?どういう事?」

そんな本番前のやりとりが頭に浮かんだ。

https://www.youtube.com/watch?v=Y-q7URCY7vY

ピクトグラム 開会式
産経ニュースより

開会式で開催されたピクトグラムによる競技紹介

あの映像、シンプルで日本的でレガシーも感じられて最高に面白かったですね。何度も見たくなりますし、手触り感と安心感、そしてピクトグラムなのに人間味があって良かったです。

あのシーンが終わった後、Twitter上ではすぐに

『ピクトグラム隊、お疲れ様でした』とイラストをUPする人が現れました。

このイラストを見て思い出したのは、庵野秀明が言っていた

『面白いアニメは二次創作が作られる』という言葉です。

確かにその通りだと思いますし、それはアニメだけに限らない事なんだなぁと実感しました。

で、ふと疑問が沸きました。

『この企画、どうやって会議を通したの?』

ピクトグラムの企画はショーディレクター 小林賢太郎

ピクトグラムは開会式の統括的なショーディレクター、小林賢太郎の手腕である事はもはや周知の事実。

その理由は

・小林賢太郎の一人舞台『Potsunen』でもハンドマイムを披露していた。

・ラーメンズの舞台にピクトグラムが登場していた。

など証明は多々あれど、何よりも確信が持てたのは『小林賢太郎の世界だった』という一言に尽きるだろう。

ファンであれば一眼で分かる。あれは誰にも真似が出来ない。

そんな小林賢太郎がショーディレクターとしてこの企画を作るに至る経緯には、謎が満ちていると感じる。

言うまでもなくこのショーは、本人の単独ライブでは無い。日本のレガシーや思いを世界に向けて発信する、文字通り日本を背負ったショーなのだ。

そんな会でこのピクトグラムのイメージが頭の中に浮かんでも、実際に見ないと

『誰もイメージが共有出来ない』のだ。

実際に、このアイデアを出す想像をしてみよう。

「開会式の種目紹介のブロックあるじゃん?あれ、ピクトグラムをモチーフに人で表現出来ないかな?」

「…はっ?人をモチーフ?どういう事?」

「いやだから、ピクトグラムって1964年大会で日本が作ったレガシーでしょ。それをモチーフにして、実写でやれない?」

「実写?」

「うん、実写で」

「何を言ってるの?ピクトグラムが人をモチーフにしているんだから、人がやったら『うんそうだね』で終わっちゃうよ」

「う〜ん、なんか、曲に合わせてテンポ良く競技を紹介出来るんじゃない?」

「どんな風に?」

「青い全身タイツで顔を隠したダンサーが、ズンズンチャン!みたいな簡易なリズムでピクトグラムと同じポーズを取るんだ」

「…同じポーズを取るだけ?」

「うん50種」

「50種!?いやなんか、特別な映像とかに合わせて?」

「いや、舞台上で背景無しで」

「背景無しで!?」

「変かな?」

「変っていうか…地味すぎない?とにかく明るい安村みたいな事だよね?」

「服は着るよ」

「当然だよ!」

「それとはちょっと違うけど、まぁ近い様な感じ」

「誰が出るの?」

「が〜まるちょばとかパントマイマーとか」

「いや他のブロックは1824台のドローン使って空中にロゴや地球を作ったり、森山未來がダンサーとしてパフォーマンスをしたり、市川海老蔵が日本の歌舞伎を披露したりするんだぞ?レガシーを感じられるとか、最新技術を使って日本の発展をアピール出来るとかが無いとダメでしょ」

「いや絶対良いと思うんだけどなぁ〜」

「どんな感じか1つやってみてよ」

「ズンズンダン、ズンズンダン、パーン!でポーズ」

「おいふざけんな」

となるイメージしかわかない。

これを台本や紙資料で提案しても、賛同してくれる想像力の引き出しを持つ人など日本中、世界中で誰もいないだろう。

そんな誰も想像が出来ない事をやって『良い!』となる事なんて本来は滅多にないのだ。

おそらく、小林賢太郎は五輪委員会の会議前で全貌は見せず、誰にもバレない様にデモ映像を作り、ギリギリまでプレゼンを隠していたんじゃないだろうか。

しっかり映像を見たら、あの疾走感の心地良さと人間味が伝わって評価されるだろうと。

周りの反対を想定しつつ、自分のイメージを信じて突き進む事が成功の鍵を握るのかもしれない。

例えば、庵野秀明も同じかもしれません。

この話題を伝えたいと思ったらシェア!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。