都市伝説・陰謀論

プーチンが核兵器のスーツケースを公開 ロシアは最強の兵器を特別モードにした

ウラジーミル・プーチンは、西側の脅威を理由に、セルゲイ・ショイグ国防相とヴァレリー・ゲラシモフ参謀総長に、抑止力を特別警戒態勢にするよう命じた。

これは軍事的に大きな意味を持っているだろう。その理由をコムソモリスカヤ・プラウダの軍事オブザーバー、ビクトル・バラネツ氏が、戦略ミサイル軍と参謀本部で活躍した有能な人物、軍事技術科学博士のボリス・ソロビョフ少将に質問した。

【以下、ボリス・ソロビョフ少将へのインタビュー】

– ボリス・ウラジスラビッチ、最高司令官がなぜこのような恐ろしい命令を出さなければならなかったのでしょうか?

「ウクライナでの軍事作戦に関連して世界で起こっている状況が、そうせざるを得なかったのだろう。そして何より、モスクワとキエフの間だけでなく、モスクワとワシントン、ロシアとNATOの間の関係においてもです」

「ジョー・バイデン米国大統領の発言は、皆さんもご存知の通りです。ロシアに対する厳しい制裁の代わりに、第三次世界大戦を始めることになるだろう」と述べた。

アメリカとNATOは、「経済的な剣」の代わりに、いつでも軍事的な剣を振り上げることができる。

なお、バイデンは「ロシアは近い将来、長期的に・特に長期的に・深刻な代償を払うことになる」と語っている。

– しかし、ご存知のように、ロシアは古くから戦略核戦力を持っています。そして、最近のプーチン主導のミサイル発射演習では、「戦略的抑止力」という新しい言葉が聞かれるようになった。

ボリス・ソロビョフ少将によれば

「戦略核戦力とは、核兵器を主力兵器とする我が軍の総称である。戦略ミサイル軍、海軍、戦略空軍の3つの構成要素があります。核の三重奏と呼ばれることもある」

「しかし、戦略的抑止力とは、核兵器を含むさまざまな種類の兵器を使ってロシアの敵を倒すためのものです。核兵器だけでなく、さまざまな種類の兵器があることを強調しておきます。そこが違うところです」

– プーチンが話した戦略的抑止力とは、核・非核を問わず最強の武器という認識でいいのでしょうか?

「はい、正しく理解していますね」

– それから、特別警戒モードとはどういう意味ですか?

「最高度の戦闘態勢を意味します。その後に『フルアラート』が続くだけです。赤いボタンがいつでも作動できるようになります。ちなみにボタンを押せるのは、大統領、防衛大臣、参謀総長の3人です。このようなシステムによって、核兵器使用の誤りを保証することが可能になるのです。

この文章はロシアの新聞『コムソモリスカヤ・プラウダ』を翻訳しました。

この話題を伝えたいと思ったらシェア!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。